当ブログはプロモーションが含まれています。

【書評】もしも徳川家康が総理大臣になったら

【書評】もしも徳川家康が総理大臣になったら

2024年7月26日に映画公開決定の話題作。

浜辺美波・赤楚衛ニ・野村萬斎などの豪華俳優が出演します。

もしも戦国武将、江戸・幕末の偉人が政治家になり現代の政治をやったら、と言う設定の話。

あらすじ

あらすじ

新型コロナウイルスが内閣で流行り、クラスターが発生し何と総理大臣が亡くなります。

国内の混乱を収める為、歴史上の偉人達に白羽の矢が立つ。

AIとレーザー光で立体的に表現するホログラム技術で、偉人達を再現し政治の立て直しを目指します。

総理大臣はタイトルの通り徳川家康

総理大臣の補佐役の官房長官に坂本龍馬、経済産業大臣に織田信長、財務大臣に豊臣秀吉など誰もが知る歴史を作ってきた人物が内閣を担います。

復活した偉人達には、過去の因縁が思考を左右しない様にプログラムされています。

書籍データ

書籍データ

タイトル もしも徳川家康が総理大臣になったら
著書 眞邊明人
出版社 サンマーク出版

この本をお勧めする人

  • 話題作だから気になる
  • 歴史上の偉人のリーダーシップを知りたい
  • 歴史と政治を学びたい

感想

まとめ

過去の偉人がどんなことをやったのか、という解説があり、現代の政治における大臣や官僚などの役割が分かるので、とても勉強になります。

ある問題に対して政策を決めて、どうやったら実現できるかを政治家目線で考えさせらる内容です。

歴史上の偉人×現代の政治という設定なので、政治への関心が低い方でも興味が持てると思います。

時代の異なる偉人達が一堂に揃い、現代の政治をやるという有り得ない設定が面白いです。

日本史を学んだ大人は復習、これから日本史を学ぶ学生は予習になります。

歴史と政治の興味がきっと深まる1冊。

ここまで記事を読んで、実際に読んでみようと思ったのではないでしょうか?

紙の本を読むのも良いですが、本の読み上げサービスのオーディオブックをおすすめします。

オーディオブックは耳が空いればいつでも読書が出来るので、読書効率を格段に上げてくれます。

詳しくは、下記の記事で紹介しています。

オーディオブックって何?メリットとデメリットをご紹介

お金を増やす方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事