【飲み水比較】ウォーターサーバーって本当にいいの?

【飲み水比較】ウォーターサーバーって本当にいいの?

家で飲む水はどのようにしていますか?
我が家では妊活をきっかけに水道水からスーパーの水に切り替えました。

水道水から人気のウォーターサーバーなど他の方法に切り替える場合、どれがいいか迷うと思います。
そこで、ウォーターサーバー・ペットボトルの水・浄水器・スーパーの水・水道水を比較しました。

1日に必要な水分量は?

1日分の水分量

比較の前に1人が1日に必要な水分量を調べてみました。

生命を維持していくために必要な水分量は、1日2.5リットル(※)といわれています。
0.9リットルを食品自体の水分と調理水、0.3リットルは体内の酸化燃焼から得ており、残り1.3リットルをあらゆる飲み物から摂取するといわれています。

(※)成人男性が通常の生活をしている場合。
スポーツや暑さなどの発汗の条件により必要な水分の量が異なる。

1日の水分補給量|全国清涼飲料連合会

食品自体の水分と体内の酸化燃焼分は考えない事にしたら、1人1日2.2Lが必要になります。

飲み水の摂取量目安

1日あたり200mlのコップで2杯程度飲む方は、月12Lが必要。
コーヒー・お茶・料理で飲み水を使う場合は、更に必要になります。

始めに結論から

結論

コスト・利便性・安全性を中心に考えるとペットボトルの水、浄水器がオススメになります。

ウォーターサーバーは、ペットボトルの水に比べ水代が高く、サーバー代が有料の場合もあります。
無料サーバーでもサーバーの電気代がかかります。
いつでも冷水・温水が出て便利なサーバーですが、電気代がかかる上に設置場所も必要なので、よく考えましょう。

ウォーターサーバーは水代が高い分、他と水が違います。
水代が安いところもありますが、それでもペットボトルの水が安いです。

スーパーの水は、ほとんどコストがかかりませんが、時間と労力が必要になります。
特にこだわりがなければ、安全性の高い水道水でもいいかもしれません。

年間コスト比較

コスト

年間コストを試算し表にまとめました。
※ウォーターサーバーは利用する会社によって金額が異なり、もっと安いところもあります。

摂取方法年間コスト
ウォーターサーバー29,844円(税込)
ペットボトルの水9,000円(税込)
浄水器8,482円(税込)
スーパーの水利用状況によっては0円
水道水21.6円

総合比較

比較

総合的に比較してみました。

それでは個別にみていきます

ウォーターサーバー

ウォーターサーバー

定番になりつつあるウォーターサーバー。
以下は、ウォーターサーバーで人気のプレミアムウォーターの情報を基に書いています。

コストサーバー代 0円~
水代 12L×2本 3,974円(税込)~
月額電気料金 約500円(エコモード使用時)
安全性・地下からくみ上げられた安全な原水を使用
・毎日1時間ごとの水質検査や月に1回の放射能検査
利便性基本無料で自宅にお水を配送
水の種類天然水
環境面使い捨てボトルを使用

おいしさ際立つ「非加熱処理」の天然水。
多くのウォーターサーバーの水は、加熱処理を行っています。

非加熱処理の天然水は生産管理が難しく、コストが掛かりますが、おいしさを追求するためプレミアムウォーターではあえて「非加熱処理」の天然水を採用。

他のウォーターサーバーでは天然水ではなく、水道水や河川水をろ過したRO水もあります。

天然水の採水地を厳選し、International Taste Institute(国際味覚審査機構)2020において「優秀味覚賞2つ星」、モンドセレクション2020にて「優秀品質金賞」を受賞。

地中でミネラル成分が溶解した地下水を原水とし、処理方法など一定の基準を満たした「ナチュラルミネラルウォーター」。

年間コスト

1人あたりの最安年間コストを試算してみました。
サーバー代
0円

水代
月12L使用する場合、1年間で(12L×2本)が6回必要なので
12L×2本 3,974円(税込)× 6回 = 23,844円(税込)

電気代
月額約500円(エコモード使用時)× 12か月 = 6,000円

年間合計 29,844円(税込)

ちなみにウォーターサーバー不要のボックスタイプもあります。
ボックスタイプの定期購入で試算してみます。

月12L使用する場合、1年間で(10L×2箱)が7.2回必要なので
10L×2箱 3,240円(税込)× 7.2回 = 23,328円(税込)
ボックスタイプは、10L×2箱の注文になります。

サーバーの電気代が不要な為、年間約6,000円安くなります。

注意点

ウォーターサーバーの注意点として最低契約年数は2年から、契約途中で解約する場合は契約解除料10,000円(不課税)がかかります。
これは、他のウォーターサーバーも同じようにかかります。

以下は、プレミアムウォーター公式サイトのリンクになります。

プレミアムウォーター

ペットボトルの水

ペットボトル

以下は、コカ・コーラの天然水い・ろ・は・すの情報を基にしています。

コストAmazon限定の2L×10本を購入の場合、1本あたり125円(税込)
安全性・地下深くに流れる天然水を工場内で採水
・採水後ろ過し、短時間の加熱殺菌
・280項目以上に及ぶ、徹底的な品質チェック
・ペットボトルは成型後、洗浄・殺菌
利便性配送の場合は便利
水の種類天然水
環境面使い捨てボトルを使用

年間コスト

月12L使用する場合、1年間で(2L×10本)が7.2回分必要なので
2L×10本 1,250円(税込)× 7.2回 = 9,000円(税込)

浄水器

浄水器

以下は、クリンスイの蛇口直結型の情報を基にしています。

コスト本体 3,667円(税込)
カートリッジ 3個セット 6,345円(税込)
安全性15物質除去の優れた浄水性能
利便性・蛇口に取り付けるだけ
・カートリッジの交換は、1日10L使用で3か月毎に交換
水の種類水道水
環境面ゴミは、カートリッジだけで環境に優しい

年間コスト

カートリッジの交換は1日10L使用で、3か月毎に交換なので年間4個必要。
皿洗いする場合に水を使うので1日10Lと仮定しています。

初年度
カートリッジ代
本体 3,667円(カートリッジ1個付き) + 3個セット 6,345円 = 10,012円(税込)

水代
東京都の場合、下水道料金を含まない水道代は1Lあたり約0.15円。
参考:水道料金・下水道料金の計算方法(23区) | 東京都水道局
※水道代は地域によって異なります。

月12L使用する場合、1年間で144L必要なので
1L 0.15円 × 144L = 21.6円

初年度、年間合計
10,033円(税込)

初年度以降
カートリッジ1個当たり
3個セット 6,345円 ÷ 3 = 2,115円(税込)
カートリッジ代
カートリッジが年間4個必要なので
カートリッジ1個 2,115円 × 4個 = 8,460円(税込)

初年度以降年間合計(水代込)
8,482円(税込)

スーパーの水

スーパー

時間と労力がかかりますが、コストが一番安い為うちで利用しています。
以下は、マックスバリュの情報を基にしています。

コスト・WAON搭載カードを持っている場合、1日2Lまで無料
それ以降20円。
・始めに数百円かかる再利用ボトルの購入が必要
安全性ろ過フィルターの交換頻度が不明
利便性・スーパーでの買い物ついでに利用できる
・持ち帰りが少し大変
水の種類RO水
環境面再利用ボトルを使用

年間コスト

水代は、無料の範囲で収まれば無料。
再利用ボトルを買い換える場合に数百円かかる程度です。
買い物ついでや外出ついでなら、スーパーまでの交通費もあまりかかりません。

スーパーの水の特徴は何と言っても、安いこと。
なぜ安いかと言うと、水の為に来店してもらえるからです。
実際に水の為に来店し、必要なものを買う事がありますが、買う予定の無かった物は買わないように注意しています。

水の味はクセ・特徴がなく、可もなく不可もない感じかと思います。

水道水

水道

水道水についても調べてみました。
以下は、公益社団法人の日本水道協会茨城県企業局の情報を基にしています。

コスト料金は地域によって異なる
安全性・浄水場では、きめ細かな水質検査を実施
・オゾン処理や生物活性炭処理などによって、
かび臭の除去や※トリハロメタンなどの低減化、クリプトスポリジウムなどの対策
利便性蛇口をひねるだけ
水の種類河川水
環境面ゴミが出ず環境に優しい
※トリハロメタン
水道水の細菌汚染を防止するため、消毒剤として塩素を使用。この塩素が原水中の有機物と反応して有機塩素化合物、すなわちトリハロメタンを生成する。

※クリプトスポリジウム
人やその他の哺乳動物の小腸に寄生して、下痢症の原因となる原虫。

年間コスト

水代
東京都の場合、下水道料金を含まない水道代は1Lあたり約0.15円。
参考:水道料金・下水道料金の計算方法(23区) | 東京都水道局

月12L使用する場合、1年間で144L必要なので
1L 0.15円 × 144L = 21.6円

飲み水として利用した場合、水道代は年間約20円と本当に安いですね。

エルピオでんき

エルピオでんきが選ばれる理由

  • でんき料金がシンプルに安い
  • お手続きは簡単!電気の切替えは0円
  • 解約手数料0円、契約期間の縛り無し
  • サポート体制も万全。地域に密着したエルピオでんき

エルピオでんき 公式サイト

エルピオでんきは、1965年設立で千葉県に本社があるLPガス会社の電力小売事業。
対象エリア:東北・東京・中部・北陸・関西・中国・四国・九州の各電力エリアにお住いの方

電力会社比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事